スーパー耐久シリーズがTCRとパートナーシップを締結

March 30, 2017

この度、スーパー耐久機構とTCRインターナショナルシリーズのプロモーターであるワールドスポーティングコンサルティング様がパートナーシップを結びました。TCRは、WTCC世界ツーリングカー選手権のプロモーターであったマルチェロ・ロッティ氏らが2015年に新たに立ち上げた国際ツーリングカーのシリーズ。スーパー耐久の「TC-R」クラスは、世界的には「TCR Endurance SuperTaikyu Class」と名づけられ、基本的なテクニカルレギュレーションは統一されます。

TCRシリーズの代表を務めるマルチェロ・ロッティ氏のコメント

「この度、我々の目標であったスーパー耐久でのTCRクラス設立を実現することができました。アジアにおけるTCRシリーズはこれにより中国、タイに続き三ヵ国となり、重要な自動車メーカーが存在し大事なマーケットである日本とパートナーシップを築けたことは心強いです。TCR車両はすでに耐久レースにおいて素晴らしパフォーマンスと耐久性を実証しており、スーパー耐久においても日本のレースファンを魅了することでしょう」

スーパー耐久機構事務局長の桑山晴美のコメント

「プロモーターとしてツーリングカーを中心としたカスタマーレーシングを発展、成長させていくという互いの目的が一致し、今回のパートナーシップに結びつきました。今、多くの方々にご参戦いただいているスーパー耐久シリーズを、さらにアジアを代表する耐久レースに成長をさせていく中で、このような関係を結べることは我々にとっても大変喜ばしいこと。さらに良い関係を作り上げ、世界を舞台に盛り上げていきたい」

目前に迫った第1戦ツインリンクもてぎ大会には、「Audi RS3 LMS」2台と「HONDA CIVIC Type-R」2台が新規参戦。スーパー耐久のfacebookでも追っかけ取材をしてきましたが、それぞれの車輌はつい先日、日本に到着したばかり。そんなスケジュールの中、開幕戦に登場します。この「Audi×HONDA対決」、是非、サーキットに足を運んでいただき、実際の車輌を目にしていただき、そして熱いドライバーたちの挑戦にエールを送ってください。第3戦鈴鹿大会からは「フォルクスワーゲン・ゴルフ」も加わることが決定しています。

※第2戦よりTCR車両が走行する「ST-R」というクラス名は、「ST-TCR」に変更されます。



2017 SERIES RACES

TEAM RELEASE

↑PageTop