《2019公式テスト》富士スピードウェイ公式テストレポート

ピレリ スーパー耐久シリーズ公式テストレポート
ST-3クラスから移行のMP RacingがGT-Rで最速タイムを記す!

爽やかな青空の下、ピレリ スーパー耐久シリーズの2019年の初となる公式テストが、3月2日に富士スピードウェイで開催された。
デイセッションは1時間ずつ3回、そして午後6時からのナイトセッションは2回連続で合計2時間行われ、最速タイムは#9 MP RacingのニッサンGT-Rが記録。また、GT4が複数台初めて参加し、今年最も注目されるST-Zクラスでは、#3 ENDLESS SPORTSのメルセデスAMG GT4がトップだった。

 

 

ST-1クラスに初登場、圧倒的な速さを見せたファーストジェネレーション、アウディR8 LMS

 

参加型耐久レースとして高い人気を誇るピレリ スーパー耐久シリーズは、すでに60台もの年間エントリーを集めたことがすでに発表になっているが、今年最初の公式テストにはそのうちのほぼ半数、テストカー2台を含めた36台を集めることとなった。好天に恵まれたこともあり、最初のセッションから全車が走行を開始。

最高峰のST-Xクラスには2台しか姿を見せなかったのが残念ながら、セッション1の最速タイムは#9 MP RacingのニッサンGT-Rが記録し、いきなり1分42秒301を柴田優作が叩き出している。ちなみにこの車両、過去にスーパーGTのGT300を戦っていた3号車とのこと。これに続いたのは、#83 X WorksのアウディR8 LMSで、1分44秒164をマーク。

速さを見せていたのが、ST-1クラスに挑む#998 TRACY SPORTSのアウディR8 LMS。4人のドライバー全員が中国人で、ふたりはCTCCのチャンピオン。マシン自体は、アウディスポーツR8 LMSカップで用いられる、いわゆるカップカーなのだが、ホモロゲの切れたFIA-GT3だ。しかしまだ調整がされていない状況でテストデーを走行したため、開幕戦鈴鹿大会では、性能調整が実施される。

 

 

一方、ST-Xクラスでは#83 X WorksのアウディR8 LMSが1分41秒987にまで短縮を果たし、トップに浮上。フィリップ・タンとともにドライブする、かつてFCJやランボルギーニスーパートロフェオ北米シリーズなどに挑んでいた道見真也がタイムをマークした。なお、本戦にはスマート・ツェも加わる予定とのこと。

しかし、セッション3では#9 MP RacingのニッサンGT-Rが再逆転に成功。開始早々、1分40秒508にまで短縮を果たす。やがて、#83 X WorksのアウディR8 LMSも1分40秒台に入れるも、コンマ2秒及ばなかった。

JOE SHIDO、高田匠、そして富田竜一郎らとマシンをシェアし、トップタイムを記録した柴田は、今回のテストをこう振り返る。「ほぼほぼ今日がシェイクダウンで、クルマは中古ですけど、今までGTでヨコハマのタイヤを着けていて、今回初めてピレリのタイヤを着けて転がしましたけど、思いのほか最初から良くて。僕が出したタイムはユーズドでしたけど、いいタイムを出せて、いいテストになっています。もうちょっと他のクルマも出てきてくれて、いろいろ比較したかったんですが、手応えとしては良かった。テストとはいえ、トップタイムを出せたことはいいことだと思います」と。

なお、ナイトセッションはセッション3の終了直後に雨が降り、路面を濡らしてしまったこともあって、8クラス中3クラスしかタイムを伸ばせなかった。

 

 

 

富士24Hから3秒もの短縮が果たされたGT4によるST-Zクラス

GT4によるST-Zクラスでは、#3 ENDLESS SPORTSのメルセデスAMG GT4が絶えず最速。セッション1で1分47秒407を記録し、セッション2では1分46秒393にまで短縮。セッション3では1分47秒台を記すに留まったが、他の追随を許さなかった。

昨年の富士24Hで記録されたファースト・レコードが1分49秒台だっただけに、なんと3秒以上の短縮を果たしたこととなる。1分48秒628でクラス2番手につけた#2 KTMカーズジャパンのKTMクロスボウGT4、3番手の#190 バースレーシングプロジェクト【BRP】のメルセデスAMG GT4にも2秒の差をつけた格好だが、この2台はこのレースウィークがシェイクダウン。本戦では肉薄してくることを期待したい。

 

 

今回、高橋翼とともに#3 ENDLESS SPORTSのメルセデスAMG GT4を走らせた、山内英輝は「乗りやすいですけど、乗用車から進化したクルマだなという印象です。だから本当に初心者から、誰でもすぐ違和感なく乗れます。ただ、レーシングカーに比べると、コーナーでは車速がちょっと落ちちゃうので、しっかり抑えないと曲がらないし、やっぱり本当に基礎の運転をやらないとダメですね。レーシングカーだと思い込んで行ったら、痛い目にあいます(苦笑)。電子制御は優秀で、特にトラコンにはすごく助けられている感じで、ABSもそう。他のクルマとのタイム差は、たぶんシェイクダウンだからで、僕らは1回前に走っているから、その差は大きいと思います。ストレートも速いし、BRZよりちょっと速いと感じたぐらいです。今のところ順調で、トラブルも出ていませんし、開幕が楽しみです」と語っていた。

また、日本初走行となった#2 KTMクロスボウだが、ドライバーの加藤寛規によれば、「乗用車の方も乗ったことがあるんですが、似たようなフィーリングで、見た目はごついけど、けっこう普通のクルマです。まだまだ走り出したばかりですから何とも言えないけど、感触は悪くない。エンジンは下からトルクがあって扱いやすいし、電子デバイス系が良くできているし。コーナーもそこそこ速そうですけど、気になるのはBoP。去年の(ブランパンGTアジアシリーズの)BoPで走らせているんですが、現状ちょっと重いなぁ、って感じです」とのこと。

 

 

5台が参加したST-TCRクラスでは、セッション2で1分49秒277を記録した、#19 バースレーシングプロジェクト【BRP】のアウディRS3 LMSがトップ。今回はHIROBON、松本武士、篠原拓朗、太田侑弥がドライブした。「今年から新車に代わって、ずいぶんとボディがしっかりとした感じで、ボディ剛性が上がったと言うか、元に戻った分、動きや足回りのセット変更がはっきり出るようになりました。今のところメニューは順調に試すことができ、開幕に向けてしっかりデータも取れましたので、今のままセットアップが進めば、まったく問題なく開幕戦を迎えられると思います」と松本。

2番手はセッション1で1分49秒319をマークした#45 Team Dream Driveで、3番手も#65 Audi Team Marsと、アウディRS3 LMS勢が上位を独占していた。

 

ST-3クラスはTRACY SPORTSのRC350が、連覇に向けて好スタート切る

ST-3クラスでは、終始#38 TRACY SPORTSのレクサスRC350がトップ。セッション3では唯一1分52秒切りとなる、1分51秒235をマークして連覇に向け、好スタートを切ることとなった。昨年は基本、堀田誠と阪口良平のふたりでレースを戦ったが、今年から堤優威を加えることに。「今年はかなり楽させてもらえそうです!」と阪口。

2番手は嵯峨宏紀、小河諒、そしてスーパーFJもてぎチャンピオンの神晴也の3人で走行した、#62 Le Beausset MotorsportsのレクサスRC350。そして、3番手は服部尚貴、脇阪薫一、吉田広樹がドライブした#68埼玉トヨペットGreen BraveのトヨタマークXで、この2台はいずれも1分52秒台だった。

 

 

ST-2クラスのトップは、前人未到の7連覇に向けて幸先の良い滑り出しとなった、スバルWRX STIの#59 TOWAINTEC Racing。今回は大澤学と石坂瑞基ふたりでのドライブで、セッション3の1分52秒667を最速タイムとした。「メンバー的には去年と一緒で、チームの結束力は高まっていると思うので、7連覇新記録達成を目指します」と大澤。

ST-4クラスはセッション3で1分56秒485をマークした、#105 ROOKIE RACINGのトヨタ86がトップ。初参戦のチームながら、テストカーを含めた2台を持ち込み、力の入れようを感じさせた。ちなみに、このチームは片岡龍也率いる#28 T’S CONSEPTの派生チームであり、「異なるプログラムを試すためのチーム」と片岡。佐々木雅弘がベストタイムをマークし、豊田大輔、飯田章らが脇を固める格好となった。2番手は平中克幸、HIRO HAYASHIらがドライブした、#884林テレンプSHADE RACINGのトヨタ86だった。
ちなみに松井孝允のみドライブを担当した、#86 TOM’S SPIRITのトヨタ86はレースセットでの走行ということもあって、3番手に留まっていた。

 

 

ST-5クラスではホンダFITを走らせる、FCAレーシング改め#168 RFCがセッション2でマークした2分6秒529でトップ。これにマツダデミオ15MBからロードスターにスイッチした、#66 OVER DRIVEの#12テストカーが、2分6秒199で続くこととなった。なお、昨年のチャンピオン、筒井克彦が同チームに移籍。「今年からロードスターは(最低重量の変更で)20kg積むようになって、FITがやや有利かも」と語っていたが、早くも現実のものとなってしまったかも……。

 

 

続いて行われたナイトセッションのトップは、それぞれST-Xクラスが#83 X WorksのアウディR8、ST-1クラスが#998 アウディR8、ST-Zクラスが#2 KTMカーズジャパンのKTMクロスボウ、ST-TCRクラスが#65 Audi Team MarsのアウディRS3、ST-3クラスが#38 TRACY SPORTSのレクサスRC350、ST-2クラスが#59 TOWAINTEC RacingのスバルWRX STI、ST-4クラスが#86 TOM’S SPIRITのトヨタ86、そしてST-5クラスが#168 RFCのホンダFITだった。

 

 

↑PageTop
● SUPER TAIKYU PARTNERS  ※五十音順