《グループ2予選コメント》ピレリスーパー耐久シリーズ2019 第2戦 SUGOスーパー耐久3時間レース

ピレリ スーパー耐久シリーズ第2戦 SUGOスーパー耐久3時間レース グループ2予選コメント

 

ポールポジション(ST-4クラス予選トップ) #86 TOM’S SPIRIT 86

坪井翔
「松井選手が普通に走ってくれれば、ポール獲れると思っていましたし、僕も普通に最後まで走っていれば、僕もトップタイムを出せたと思います。でも、マシンバランスも良いのが把握できたし、ポール獲れたから貴重な1点を獲得できました。1点でも多く獲らなきゃいけないので、今回は確実に行きたいと思います」

松井孝允
「坪井選手から僕に引き継ぐ時に、タイヤが温まったままの方がいいと。新品の方がグリップはいいんですが、そのままの方が良かったという、坪井選手の判断に感謝しています。とにかく1周でも多く走った方が最後の方、乾いているというのも分かっていたので、とにかくピットアウトから全開で行ったので、そういうのも良かったと思います」

ST-5クラスの予選トップはAドライバーの吉田綜一郎こそ3番手だったものの、Bドライバーの佐々木孝太がトップにつけた、#101ヒロマツ デミオだった。2番手は藺牟田/久保田/植田組の#70 J’S RACING☆FITが獲得した。

 

ST-5クラス予選トップ #101ヒロマツ デミオ

吉田綜一郎
「2戦目でいきなりこんなに進化するなんて思ってなかったので、すごく嬉しいです。明らかに感じられるほどで、それはチーム体制もそうですし、クルマ自体もセッティングもかなり進化しているので、その点ではかなり今回は戦えるんじゃないかと思います。ウェットにFFというのも、かなり効きました」

佐々木孝太
「前回はクルマのレベルとしては、テストでエンジンが壊れたりして本当に最低レベルだったので、今やっと普通のレベルにクルマはなって。さらに天候には助けられているのかな、と思います。決勝は、ストレートスピードだけ見ても10km/hぐらい負けているので、全然楽な展開には一切ならないと思うんですよね。そういう意味では、まったく読めない状況じゃないですか。天気もどうなるか分からないから。でも、前からスタートできるのは、自分でレースをコントロールできる分、有利にはなると思います」

 

↑PageTop
● SUPER TAIKYU PARTNERS  ※五十音順