《グループ1決勝コメント》ピレリスーパー耐久シリーズ2019 第2戦 SUGOスーパー耐久3時間レース

ピレリ スーパー耐久シリーズ第2戦 SUGOスーパー耐久3時間レース グループ1決勝コメント

 

 

総合優勝(ST-Xクラス優勝) #1 GTNET GT3 GT-R

浜野彰彦
「前回は悔しい思いをしましたが、今回はポール・トゥ・ウィンだったので良かったです。何にも問題はなくて、作戦どおりでした。みんなそれぞれ良くやりました。ピットも1回多いけど、それも作戦どおりで何にも問題なかったです」

星野一樹
「FCYが出たら入ろうと決めていたんで、みんなレーシングスピードで走っていない時に、給油すれば得なんで。そういう意味ではうまいタイミングで入れたし、チームも決め事守って、本当に完璧なピットストップだったし。コース上では必ずしも速くはなかったけど、チームワークと総合力で勝てたレースだったことが、何より嬉しいです。鈴鹿のポイントの方が大きいので、本当は鈴鹿で勝ちたかったんですが、これで去年と同じ流れで富士24時間を迎えられるので、本当にいい優勝だったと思います。今年も24時間がメインターゲットなので、そこで(ランキングを)逆転できるように頑張ります!」

藤波清斗
「いつもどおりの感じで走って、いいクルマを用意してもらって、そしていいパートナーに恵まれて、本当に感謝です。僕は走るのみなので、しっかりミスなく走るだけなんで、良かったと思います」

 

ST-Zクラス優勝 #3 ENDLESS AMG GT4

内田雄大
「戦略的にも、タイミング的にも、これ以上ないと思います。次のレースに向けては、ちょっとウエイトが気になりますけど、本当にチームがしっかりしていますし、チームスタッフと選手が一生懸命やっていますので、このまま行けば富士24時間も勝てると思います」

山内英輝
「運も非常に、セーフティカーなどのタイミングもすごく良く、ロスもなく交代できて、パーフェクトなレースだったと思います。これで2連勝、富士24時間でもいいレースをしていきたいと思いますので、引き続き頑張ります!」

高橋翼
「最初に山内さんと内田さんが大きなギャップを作ってくれたので、僕は淡々と走るだけだったので、そこはすごく救われて。個人的には2号車(ケーズフロンティアSYNTIUM KTM)を抜きたかったんです、同じラップではなかったですが。加藤(寛規)さんはブロックうまいし、後半のペースは良かったので、そこらへん僕としてはちょっと課題が残ったのかな、とも。次は24時間という長丁場なので、3連勝できるよう頑張ります!」

 

ST-TCRクラス優勝 #19 BRP★Audi Mie RS3 LMS

太田侑弥
「このクラスでは初勝利になります。いや〜、いっぱいいっぱいだったから、初めてのクルマなので。とりあえずミスなく走って、後ろにつなげられればいいやって思って走りました」

松本武士
「ようやく噛み合ったという感じですね。スタートからチェッカーまでけっこう荒れた展開でしたけど、落ち着いて作戦も途中でいろいろ立て直しながら、拓朗がスタートもしっかり頑張って大役を果たしてくれましたし、真ん中の太田さんもかなり安定したタイムでつないでくれたので、後半の僕はかなりロングになったけど、SCが2回入ったおかげでクルマ的にはだいぶ楽でしたね。運もだいぶ味方してくれたのかな、と思います。最後は後ろ(BRIN・NAUB RS3 LMS)に合わせました。プッシュしてもタイヤを使うだけだし、後ろもたぶんあれ以上ペース上がらないのかなって雰囲気だったので、無理せずに。完全勝利になりました」

篠原拓朗
「S耐では初優勝なので、めっちゃ嬉しいです。初めてスタートを担当したんですけど、自分が思っていた以上にスタートから数周で、うまく後ろを引き離せたかなと。そこは落ち着いてできたのは良かったです。でも、FCYが入るタイミングが早くて、僕のスティントは短くなっちゃったんですが、最低限の仕事はしっかりできて、バトンタッチできたのは良かったと思います。その後、太田さんと松本さんがすごいロングスティントを担当してくれたので、本当に感謝しています」

 

ST-1クラス優勝 #47 D’station Porsche

星野辰也
「最後、3番目を担当したんですが、なんとかクルマを壊さないようにドライブできました。昨日の予選といい、ものすごく自分としても納得のいくタイムが出たので、本当に嬉しいですし、次の励みになりますね」

織戸学
「展開的には問題ないです、特には。(Z-REX ADVICS R8 TRACYが)あっけなくいなくなっちゃいましたね、スロットル系のトラブルらしくて。僕らは僕らで無難にレースできました。ミスなく、ロスなく、はい。本当に(パートナーの)おふたりが安定して速くなってきているので、楽しいです。富士24時間は(近藤)翼が助っ人に入る予定です」

濱賢二
「マイペースで、ライバルに車両トラブルが出ていたので、とにかくクルマを傷めないようにマイペースで。楽しみながら、ちょっと天候が今週は良くなかったので、ドライでは今日が初めてにも近かったのでマイペースで、でも楽しめました! 次の富士ではもっと楽しめるよう頑張ります」

 

ST-2クラス優勝 #6新菱オート☆DIXCELエボX

冨桝朋広
「平成最後のポールシッターは、平成最後のウィナーにもなりました(笑)。他力本願でしたけど。ちょっと荒れ模様の展開だったんですけど、敵(DAMD MOTUL ED WRX STI)がいなくなって。こっちがいなくなることの方が多いんですけど、今回はたまたま青いのがいなくなりました」

菊地靖
「まぁSCとかのタイミングで、59号車がああいう展開になっていなくても、いい争いは最終的にはできたかなと。終盤に向けては面白い感じだったんだけど、ああなっちゃったから残念なんだよね。その分、最後はドライブで勝たせてもらって。ただ、重たい状態で次の24時間だから、まぁ、またそれはそれでダイエットして頑張ります」

大橋正澄
「しびれますね、同じようなラップタイムで2台争うと。いいレースができていたんで、悲しいですよね、片方が潰れちゃうと。最後まで2台とも続いて、勝ちたいですね、勝負しながら」

 

ST-3クラス優勝 #38 ADVICS muta racing RC350 TWS

堀田誠
「今日は最後まで(阪口が)魅せてくれましたね〜。でも、これだけつき合い長いとね、僕だけが見ながら落ち着いていたんですよ。みんなが『やばい、やばい』って言うんだけど、僕だけが『大丈夫』って(笑)。今回は阪口選手が頑張ってくれましたし、堤選手も速いですからね。良かったですよ!」

阪口良平
「タイヤ片側2本交換で行ったんですけど、ちょっと自分が思っているのと違ったフィーリングになっていて。ただ、レース展開が自分たちに味方してくれました。SC入った時はどうしようかと思ったんですが、残り周回だけきっちり聞いて、大きな失敗さえしなかったら抜かれないだろう、とは思っていたんですが、ギリギリでしたね、本当に。いろんな優勝が今までありましたが、この優勝は今までと違った印象の、記憶に残るレースになりそうです」

堤優威
「今日は実際、勝てるまでの速さはなかったのが事実で、表彰台に上がれればいいな、って思っていたんですが、チームの作戦とドライバー3人がミスなく走った結果だと思うので嬉しいし、最後の良平さんのバトルは本当に、ひとりの観客として楽しめました(笑)」

↑PageTop
● SUPER TAIKYU PARTNERS  ※五十音順