《決勝レポート》ピレリスーパー耐久シリーズ2019 第4戦 TKU スーパー耐久レース in オートポリス

ピレリスーパー耐久シリーズ2019 第4戦 TKU スーパー耐久レース in オートポリス 決勝レポート
目まぐるしく変わる天候をモノともせず、GTNET GT3 GT-Rが3連勝を飾る!

 

オートポリスを舞台に、ピレリ スーパー耐久シリーズ第4戦、「TKUスーパー耐久レース in オートポリス」の決勝レースが7月21日に開催された。これまでずっとレースでは天候に恵まれてきたが、今回は雨や霧に見舞われ、最後まで路面が乾くことはなかった。そんな厳しい状況の中、トップでチェッカーを受けたのは、#1 GTNET GT3 GT-Rの浜野彰彦/星野一樹/藤波清斗/平峰一貴組。これでシリーズ3連勝となった。

 

 

ドライタイヤの投入も可能になったレース序盤。それが瞬く間に……

日曜日の早朝には20分間のウォームアップ走行が行われ、その時は小雨こそ降っていたが、路面はひどく濡れていたわけではなかった。その後、雨にまた見舞われることになったものの、決勝レースのスタート進行が始まる頃には止んで、このまま路面状態の向上を誰もが期待した。さすがにドライタイヤを装着するまでには至らなかったが、スタートから10周もすると、路面も乾いてきたことから、ドライタイヤへの交換を行なったチームもあったほど。

だが、状況はそのまま好転していかなかった。コース上に留まった車両があったことから、18周目からこの日、最初のFCY(フルコースイエロー)が実施されたのだが、それとほぼタイミングを同じくして雨が降り出したからたまらない。1時間経過した頃にクラッシュした車両の回収のため、二度目のFCYが実施されたが、今度は霧が出て、さらにやみかけた雨も再び降り出して、再度タイヤ交換を強いられたチームもあったし、もちろん二度とドライタイヤへの交換は許されなかった。

そういった難しい状況の中で切られたスタートの後、ポールポジションを獲得した#244 Max Racing RC-F GT3の田中哲也は、1コーナーへのホールショットを決めることは許されず。代わって1コーナーにトップで飛び込んだのは、#1 GTNET GT3 GT-Rの藤波清斗。やがて#777 D’station Vantage GT3の藤井誠暢も2番手に浮上する。しばらくの間、藤波と藤井による激しいトップ争いが続くも、ここに迫ってきたのが#112 SATO-SS SPORTS AMG GT3の元嶋佑弥。予選は5番手だったが、スタートでひとつ順位を上げ、4周目には3番手に。その勢いを保ったまま、前を行く2台との差を徐々に詰め、7周目には2番手に、そして8周目にはトップにも浮上する。

 

地元オートポリスで速さを見せた、SATO-SS SPORTS AMG GT3の元嶋

そのまま逃げ続けた元嶋ながら、前述のとおり間もなく路面が乾き始めたため、17周目に山下亮生への交代を行うとともにドライタイヤに交換。だが、これが裏目に出てしまったのは言うまでもない。代わってトップには藤波が浮上するも、再び濡れ始めた路面では藤井の#777 D’station Vantage GT3が速く、バックマーカーも巧みに利用して#1 GTNET GT3 GT-Rを26周目にかわしてトップに立つ。

それから間もなく二度目のFCY導入に合わせ、28周目に#777 D’station Vantage GT3、#1 GTNET GT3 GT-Rは同時にピットイン。それぞれ近藤翼、星野一樹に代わっても、ポジションはそのまま。やはり近藤の方がペースで優り、徐々に星野一樹との差を広げていった。#777 D’station Vantage GT3は、74周目に星野敏にバトンタッチ。その際にスイッチ類の誤操作があり、すぐにピットを離れられなかったものの、先に浜野彰彦への交代を済ませていた#1 GTNET GT3 GT-Rとは、コースに戻った時に26秒の差をつけていたのだから、いかに近藤が大量のリードを築いていたかが分かる。

好調に見えた#777 D’station Vantage GT3に、またもや迫ってきたのが#112 SATO-SS SPORTS AMG GT3の元嶋だった。元嶋も九州出身で、オートポリスはスーパーFJでチャンピオンに輝いたこともあるホームコース。何よりマシンがテクニカルレイアウトにマッチしていたのは間違いない。あっという間に差を詰め、100周目には元嶋がトップに浮上。112周目には佐藤淳に交代する。

代わってトップに立ったのは、106周目に藤井への交代を行なっていた#777 D’station Vantage GT3。そして、2番手につけていたのは# 1 GTNET GT3 GT-Rの藤波だった。その2台の最後のピットストップも116周目に同時で、すでに義務づけられたドライバー交代を伴うピットストップ3回を済ませていたことから、給油だけを行なってドライバーもそのままにピットアウト。先にコースに戻ったのは藤波で、ここでトップを入れ替えることとなった。

その時点でゴールまで1時間を切っており、最後まで続く激しいバトルに期待がかかるも、それから3周後にクラッシュした車両があったことから、三度目のFCYが実施されたばかりか、霧が一層濃くなってしまったことから、残り45分の段階でセーフティカー(SGT)が導入されることに。2台の差は4秒ほどでしかなかったため、SCランさえ終了したら、きっと激しいトップ争いが繰り広げられたことだろう。しかし、そのままSCランは続き、霧はより視界を遮るようになったことから、残り13分で赤旗が出されてレースは終了。なんともすっきりしない幕切れとなったしまった。

#1 GTNET GT3 GT-Rの浜野と星野一樹、藤波は、これで3連勝。またランキング2位にも#777 D’station Vantage GT3の星野敏と藤井誠暢、近藤がつけることとなったが、その差は42.5ポイントに。その結果、浜野組は次回のレースで5位にさえ入れば、最終戦を待たずシリーズ2連覇が達成されることとなる。一方、元嶋が大いに気を吐いた、#112 SATO-SS SPORTS AMG GT3は3位でゴール。佐藤、山下とともに、初めてスーパー耐久の表彰台に立つこととなった。

 

ST-ZクラスはENDLESS AMG GT4がチャンピオンを獲得するも、
BRP★mersedes AMG GT4が初優勝!

#2ケーズフロンティアSYNTIUM KTMが戦わずしてリタイアを喫したことで、完走さえ果たせば残り2戦を待たずしてチャンピオンが決まる、#3 ENDLESS AMG GT4の内田雄大/山内英輝/高橋翼組。予選はもちろんトップで、決勝はST-1クラスの2台の先行を許したものの、マイペースでの周回を重ね、さらにST-TCRクラス勢に前に出られようとも何のその……という余裕の走りでトップを走り続けた。しかし、残り1時間を間もなく切ろうという、103周目に最後のドライバー交代を行うも、長らくピットを離れられず。 そのままリタイアとなると、王座決定を次回以降に持ち越してしまうが、そこはメカニックたちの執念が勝つことに。

SGTランが続く残り26分というタイミングでピットを離れることができ、優勝を逃すこととなったが、しっかり規定周回を満たしていたことから完走扱いになった結果、内田組は悲願のタイトルを獲得することとなった。

代わって初優勝を飾ったのは、#190 BRPMersedes AMG GT4の奧村浩一/水谷晃/山脇大輔組。しかし、競り合って得た勝利ではなかったためか、レース後の表情に笑みはなかった。

 

ST-1クラスもD’station Porscheが連覇果たすが、
Z-REX ADVICS R8 TRACYが開幕以来の2勝目挙げる

ST-1クラスも、#47 D’station Porscheの星野辰也/織戸学/濱賢二組が予選トップで早々に1ポイントを加えたこともあり、完走さえ果たせばシリーズ2連覇が決まることとなっていた。逆に歯止めをかけられる立場にいた、#998 Z-REX ADVICS R8 TRACYのジェフリー・ゼイ/ジェイソン・ジャン/レオ・イエー組は、ドライビングマナー違反のペナルティで最後尾スタートを強いられていたため、苦戦は必至だと思われた。

しかし、予想に反してスタートを担当したジャンのペースは良く、激しい追い上げを見せたばかりか、わずか7周で織戸をもかわしてしまう。だが、織戸は大きく遅れることなく続き、やがて再逆転にも成功したばかりか、代わったばかりのゼイを引き離すことにも成功。その後の星野〜濱のリレーも完璧だったが、再度乗り込んだジャンの追い上げも凄まじく、あと一歩のところで逃げ切りならず。#998 Z-REX ADVICS R8 TRACYが開幕戦に続く2勝目をマークしたが、必死の抵抗虚しく、#47 D’station Porscheの連覇が達成された。

 

久々の優勝飾り、Modulo CIVICがシリーズ後半戦の全勝誓う

地元チームで、しかも蘇武喜和とトリオを組む、塚田利郎と清瀧雄二は地元ドライバーとあって、大いに注目された#75 AZIMUTH CIVIC TCR。しかし、その野望をいきなり打ち砕いたのが#97 Modulo CIVICの植松忠雄/中野信治/遠藤光博/大津弘樹組だった。スタートを担当した大津がオープニングラップのうちにトップに立って、早々に後続を引き離しにかかったからだ。ここ2戦はリタイアを喫していることもあって、ウエイトに苦しんでいない強みは明らかにあったようだ。

最初のピットストップで中野への交代と合わせ、ドライタイヤに改めたのは裏目に出たが、しっかり耐え忍んだことで光明も。わずかながらも雨が弱まったタイミングで再度トップに立つと、後を任された植松もやがてトップに浮上し、後続を徐々に引き離していった。ラストスティントは再び大津が担当して、ダメ押しの一発も決めることに。今季初優勝を飾って、ドライバーたちは残り2戦も勝つと力強く宣言した。

2位は#10 IDI GOLF GTI GT3のフィリップ・デベサ/密山祥吾/ジェイク・パーソンズ組が獲得し、3位は#108冴えカノfineレーシングWITH RFCのふじいじゅん/大野尊久組。注目された#75 AZIMUTH CIVIC TCRは終盤のクラッシュで、無念のリタイアを喫している。

 

TECHNO FIRST RC350が2連勝を飾る

予選では#14 HIRIX☆YAIMA☆Z34の山崎学/安宅光徳/伊橋勲組がトップで、2番手は#15 岡部自動車Z34の長島正明/小松一臣/古谷直広組とあって、フェアレディZによる上位独占の期待もかかったST-3クラス。決勝でも、伊橋と小松が序盤から逃げ続けた。だが、ドライタイヤへの交換が裏目に出たあたりから、展開にほころびが出るように。

#15 岡部自動車Z34は、中盤の接触でデフを痛めたことがきっかけでリタイアを喫し、#14 HIRIX☆YAIMA☆Z34は46周目、2回目のピットストップでハブボルトの損傷が明らかに。Z勢の後退で、主役の座を射止めたかに見えたのが#62 DENSO Le Beausset RC350の嵯峨宏紀/小河諒/平川亮組。中盤まではトップを快走する。しかし、そこに近づいてきたのが、#34 TECHNO FIRST RC350の手塚祐弥/大草りき/前嶋秀司組で、特に嵯峨と大草の接近戦は見せ場のひとつにもなっていた。それでも若手相手に、キャリア豊富な嵯峨は最後まで逆転を許さず。

ラストスティントを託されたのは小河だったが、残り1時間を切ったところで予定外のタイヤ交換をせざるを得ず。同じ周回に3回目のピット作業を#34 TECHNO FIRST RC350が行って、手塚がコースに送り出されたとあっては、もはや逆転は免れず。せめて2番手に留まれれば……の想いも届かず、#68 埼玉トヨペットGreen Brave GR GarageマークXの服部尚貴/脇阪薫一/吉田広樹組の先行も許すことに。

トップに立った#34 TECHNO FIRST RC350は難なく逃げ切りを果たし、前回の富士24時間に続く2連勝を飾ることに。予選前に#38 ADVICS muta racing RC350 TWSが、練習中のクラッシュが癒えずリタイアを喫していたこともあり、これでランキングのトップに立つことともなった。

 

ST-2クラスでは新菱オートNeoGlobe☆DXLエボXが初優勝飾る

今回のレースにおけるハイライトのひとつともなっていたのが、ST-2クラス三つ巴でのトップ争いだった。予選は#59 DAMD MOTUL ED WRX STIの大澤学/後藤比東至/井口卓人/石坂瑞基組がトップだったが、決勝では#7 新菱オートNeoGlobe☆DXLエボXの成澤正人/朝日ターボ/岡崎善衛/八巻渉組、#6 新菱オート☆DIXCELエボXの冨桝朋広/菊地靖/大橋正澄組が一歩も引かず。それぞれスタートを担当した井口、朝日、菊地によって、目まぐるしく順位を入れ替えていたのだから。

しかし、そのバトルから最初に脱落したのは、#6 新菱オート☆DIXCELエボX。オイルポンプのトラブルからダメージがエンジンにも及んで、わずか34周でリタイアを喫してしまう。残る2台もピットタイミングの違いで、何度も順位を入れ替え合い、チームはそれぞれ最後の勝負を成澤、そして大澤に託したものの、終盤の長いSCランで大澤からは逆転の機会を奪われてしまう。逃げ切った#7 新菱オートNeoGlobe☆DXLエボXが、嬉しい初優勝を飾ることとなった。

 

ST-4クラスはTOM’S SPIRIT 86が終盤戦に希望をつなぐ2勝目をマーク

ST-4クラスの予選トップだった、TOM’S SPIRIT 86の坪井翔/中山雄一/松井孝允組ながら、決勝の序盤は逃げ切りを許されず。スタート担当の坪井がトップをキープできたのは3周目までで、一時は4番手にまで後退してしまう。その間、トップを走行したのは#104 ROOKIE RACING 86の佐々木雅弘で、これに続いたのは#13 ENDLESS 86の宮田莉朋と#884 林テレンプ SHADE RACING 86の石川京侍だった。また、序盤にロングスティントを敢行し、#310 GR Garage 水戸インター GR86の久保凛太郎、そして後を受けた細川慎弥もトップを走るも、終盤に燃料系のトラブルを抱えてリタイアとなっていた。

逆転優勝を飾ったのは、#86 TOM’S SPIRIT 86。中山〜松井の挽回が著しく、最終スティントを担当した坪井はトップに返り咲いた後、SCランのポジショニングにも恵まれたこともあって、逃げ切りに成功。2連勝を飾ることとなった。

2位は#884 林テレンプ SHADE RACING 86の平中克幸、国本雄資、HIRO HAYASHI、そして石川の4人が獲得。差は詰められたとはいえ、ランキングのトップは死守することとなった。3位は#13 ENDLESS 86を駆る中山友貴、宮田、そして蒲生尚弥が獲得した。

 

ヒロマツ デミオがST-5クラスで初優勝を飾る

燃料タンクの容量や、1回に給油できる量が他のクラスより少ないため、義務づけられたピット回数では済ませることができず、特に長丁場のレースでは目まぐるしくポジションが入れ替わることで知られるST-5クラス。今回も決して例外ではなかった。予選トップだった、#88 村上モータースMAZDAロードスターの村上博幸/山谷直樹/雨宮恵司/梶谷太郎組が、比較的有利にレースを進めていたのだが、終盤になって濡れた路面に足を取られ、痛恨のコースアウトが……。

これでトップに立ったのが、#101 ヒロマツ デミオの吉田綜一郎/佐々木孝太/KENBOW組。#66 odula Idea ROADSTERの橋本陸/筒井克彦/武地孝幸組を寄せつけず、悲願の初優勝を飾ることとなった。#88 村上モータースMAZDAロードスターは、悔しい5位に。また、#69 J’S RACING☆FITの梅本淳一/窪田俊浩/梅田真佑組はクラッシュにより、リタイアを喫したものの、ランキングのトップはかろうじて死守している。

↑PageTop
● SUPER TAIKYU PARTNERS  ※五十音順