《予選レポート》ピレリスーパー耐久シリーズ2020第2戦 グループ2公式予選レポート

ピレリスーパー耐久シリーズ2020 第2戦 グループ2公式予選レポート
グループ2はST-4クラス、ST-5クラスとも2戦連続で予選トップ
GR Garage水戸インターGR86がポールポジションから決勝へ!

 

今年も第2戦として行われるスーパー耐久シリーズのSUGOラウンドながら、季節が春から秋へと移されることとなった。
今回は久々の2レース開催となり、土曜日に予選が行われた。
当初の天気予報では昼頃からの降雨を告げていたが、実際にはST-4クラスとST-5クラスによるグループ2の予選は、雨に見舞われてウェットコンディションとなり、ポールポジションは#310 GR Garage水戸インターGR86の久保凜太郎/星川慎弥/坪井翔組が獲得し、ST-5クラスのトップは#88 村上モータースMAZDAロードスターの村上博幸/中島保典/谷川達也組だった。

なお、天候の回復が見込めないため、続いて行われるはずだったグループ1の予選は中止とされた。

 

 

GR Garage水戸インターGR86がST-4クラスで2戦連続の予選トップ

本戦に先駆け、金曜日には専有走行が2セッション行われ、いずれもドライコンディションが保たれた中での走行となった。
ST-4のトップタイムは、#884 林テレンプSHADE RACING 86の平中克幸が記した1分32秒882。
そしてST-5クラスのトップタイムは#456 odula AVANTECHロードスターの橋本陸が記した1分49秒484。
それぞれ予選のターゲットタイムとなると思われた。

しかし、いざ土曜日になってみれば、早朝から雨模様で路面は完全に濡れて、予選をドライタイヤで走ることはできなくなっていた。
しかも、二回も赤旗中断がある、波乱含みの展開に。
そんな厳しい状況の中、ST-4クラスのAドライバー予選でトップにつけたのは、#310 GR Garage水戸インターGR86の久保だった。
ピット位置が1コーナー寄りだったことに恵まれ、絶えず前が開けた状態で走れたこともあって、1分47秒868をマーク。
#60 全薬工業アルージェインテグラの塩谷烈州が、1分47秒924という僅差で続くこととなった。

Bドライバー予選も雨は降り止むことはなかったばかりか、勢いは絶えず変化。
やはり一回の赤旗中断があったほどだ。
トップタイムは#13 ENDLESS 86の宮田莉朋が記録するも、1分48秒571に甘んじてしまう。
一方、#310 GR Garage水戸インターGR86の細川も1分49秒900を記すに留まり、1分49秒456を出した#884 林テレンプSHADE RACING 86の国本雄資に続く3番手に。

しかしながら合算タイムでは、#310 GR Garage水戸インターGR86がトップ。
前回の富士に続く2戦連続のポールポジションを獲得することとなった。
2番手は#884 林テレンプSHADE RACING 86の平中/国本/HIRO HAYASHI/石川京侍組で、3番手は#13 ENDLESS 86の小河諒/宮田/松井孝允/花里祐弥組だった。

 

 

ポールポジション

[ST-4クラストップ] #310 GR Garage水戸インターGR86

 

久保凜太郎
ピット位置が本当に良かった。
それがあって早いうちにタイムを出せたことで、Aドラ予選ではトップ獲れました。
その後のBドラ予選は雨量も増えたし、赤旗の出たタイミングが悪かったりして、大変だったと思うけど、結果的には獲れて良かったです。
あんまり実感ないですけどね!

細川慎弥
納得は全然行っていないですけど、あのコンディションの中、最後も降ってきたんで。
凜太郎がいつものとおりマージンを作ってくれたから助かりました。
赤旗が出た周が、セクターでいうとベストは出ていたので、それでいうともうちょっと出たのかなと思うけども。
決勝でまとめます。

 

 

雨の中でも速かったロードスター!

ST-5クラスではFF勢が圧倒的に有利かと思われたものの、まずAドライバー予選ではロードスター勢がトップ3を独占。
#456 odula AVANTECHロードスターの橋本陸が1分51秒036でトップ、これに1分51秒342で#50 LOVE DRIVEロードスターの山西康司が、そして1分51秒407で#88 村上モータースMAZDAロードスターの村上が続いていた。

Bドライバー予選でようやくFF勢が本領を発揮。
ここでは1分51秒530をマークした#69 J’S RACING☆FITの久保田英夫がトップで、これに#182 CLOSE UP RACING R’s FIT3の大崎達也が1分51秒690で続いていた。

しかしトップを奪ったのは、なんと#88 村上モータースMAZDAロードスター。
中島保典は1分52秒988で5番手だったが、合算では#456 odula AVANTECHロードスターの橋本/太田達也/草野貴哉組をコンマ1秒満たない差で上回ったためだ。
3番手は#111 HIROSHIMA+ vitzの檜井保孝/古谷悠河組が獲得。

 

ST-5クラストップ #88 村上モータースMAZDAロードスター

 

村上博幸
序盤クリアで1周走れまして、その後にちょっとブレーキがおかしくて、横滑りを切ろうとしたら切れなくて。
それでアウトラップだったので、ゆっくりブレーキ踏んだらそのまんま突っ込んでしまいまして。
その後は恐怖心で…。
ダメージはなかったので、それはBドライバーにつなげるため、本当に良かったです。
決勝はねぇ、これ以上天気が悪くならないことを祈ります。

中島保典

すごく乗りやすいマシンで、それが効いたんでしょう。
雨量はどんどん強くなっていって、序盤から飛ばせれば良かったんでしょうが、慣れてきてから飛ばそうと思ったら雨量が増えてきて、FFには全然ついていけない状況になってしまいました。
でも、良かったです。

 

なお、天候がその後さらに悪化したこともあり、グループ1の予選は中止になり、グリッドは前回の結果によって決められることとなった。
グループ2の決勝レースは、13時15分から行われる予定になっている。

 

(はた☆なおゆき)

 

 

↑PageTop
● SUPER TAIKYU PARTNERS  ※五十音順