《決勝レポート Gr.2》ピレリスーパー耐久シリーズ2020第2戦 グループ2決勝レポート

ピレリスーパー耐久シリーズ2020 第2戦 グループ2決勝レポート
ST-4クラスはGR Garagr水戸インターGR86が2連勝!!
ST-5クラスはTHE BRIDE FITが今季初優勝飾る!

 

スポーツランドSUGOを舞台とする、ピレリスーパー耐久レースの第2戦は、土曜日の午後から、ST-4クラスとST-5クラスによるグループ2の決勝レースが、3時間で競われ、ポールポジションからスタートを切った、#310 GR Garage水戸インターGR86の久保凜太郎/細川慎弥/坪井翔組が開幕2連勝を達成。そして、ST-5クラスでは終盤の逆転によって、ディフェンディングチャンピオンでもある、#4 THE BRIDE FITの太田侑弥/伊藤裕士/松尾充晃組が、今季初優勝を飾っている。

 

 

序盤のトップを林テレンプSHADE RACING 86が行くも…

予選を終えても雨は一向に降りやむ気配を見せず、グループ2の決勝レースはウェットコンディションで競われた。
セーフティカースタートとなり、スローペースのうちに義務づけられた、ドライバー交代を伴うピットストップ2回のうちの1回を済ませてしまおうと、わずか1周でピットに戻ってきたのが3番手スタートの#13 ENDLESS 86と、5番手スタートの#18 Weds Sport 86。
それぞれ小河諒から宮田莉朋、土屋武士から藤原大輝に交代。
さらに次の周には#310 GR Garage水戸インターGR86の久保も細川に交代。
これで#884林テレンプSHADE RACING86の平中克幸がトップに上がり、#60全薬工業アルージェインテグラの瀬戸貴臣が2番手に浮上する。

逃げていく平中に対し、ドライバー交代を行なったチームはST-5クラスの後方におさまったことで30秒ほどの遅れを取り、思った以上に追い上げがままならず。
宮田は11周目にようやく3番手に浮上し、12周目に藤原が4番手、14周目に細川が5番手に上がることとなった。
その頃、平中の持つマージンは30秒弱。
宮田をしてもインテグラの瀬戸をなかなか抜くことができず、差はさらに広がってしまう。

一方、1時間を経過して間もなく、31周目に#310 GR Garage水戸インターGR86が、早くも2回目のピットストップを敢行!
交代した坪井がそのままチェッカーまで駆け抜けることになったが、果たしてこの戦略が吉と出るか凶と出るか?

 

リードが52秒にまで広がった40周目に、#884林テレンプSHADE RACING 86は国本雄資に交代。
しかし、平中の築いたリードは実際には十分でなく、コースに戻った国本は宮田にS字であえなくかわされてしまう。
しかし、その次の周に最終コーナーでストップした車両を回収するためSCが導入。
#13 ENDLESS 86がピットに向かったのを見て、#884林テレンプSHADE RACING 86は惜しみなく国本をピットに呼び寄せ、石川京侍と交代する。
一方、それまで健闘を重ねていた#60全薬工業アルージェインテグラもピットに入るが、その後長いこと復帰ならず。
マフラーの損傷が原因で、これで表彰台獲得の夢は逸してしまう。

これで4台の86勢が同一周回で続く格好となり、松井、石川、坪井、そして土屋の順で続く。
特にトップ3は僅差でのバトルをしばらく続け、まさに一瞬即発状態ともなっていた。
まず動いたのが坪井だった。
残り1時間を切ろうというタイミングの56周目、馬の背で石川をパス。
続いて60周目に松井をかわして、待望のトップに返り咲くこととなった。
ほぼ2時間のロングドライブだったにも関わらず、そのまま坪井は逃げ切りに成功。
これにより、#310 GR Garage水戸インターGR86は、開幕2連勝を果たすこととなった。
2位は#13 ENDLESS 86が、そして#884林テレンプSHADE RACING 86が獲得した。

 

[ST-4クラス優勝] #310 GR Garage水戸インターGR86

 

 

久保凜太郎
100%、作戦が正解だったか分かりませんが、坪井選手のおかげです、すべては。
最初はST-5クラスの後ろで戻ったから厳しくなりましたけど、そのあとのSCとかで帳消しになったので、結果的には良かったです。
まだチームとしてデータもないし、作戦の幅も少ないので、もう一回考え直します。
2連勝ですね、とりあえずは。
チャンピオン獲るなら全勝チャンピオンしか考えていないので、ある意味通過点。
今後も頑張ります。

細川慎弥
ホント、坪井選手のおかげです、感謝です。
けっこう自分が走っている時はペースも上げられず、でも代わってからの坪井選手のペースが速かったので、安心して見ていられました。
ちょっと自分の不甲斐なさも感じつつ、チームとしては最高の結果になりましたね。

坪井翔
2回目にピット入るタイミングは完全に失敗しましたけど、SCに助けられてギャップがかなり詰まったので、その後、僕が抜けば勝てるなと。
コース上で2台とも抜くことができて、そこからのペースも良かったので、ずいぶん長く走りましたが、達成感のある優勝だったと思います。
スーパーフォーミュラで初優勝できて、GTでもポイントリーダーに立っているので、この流れを自分で崩さないよう、いい形で今後のシーズンに向けて、また頑張っていきたいと思います。

 

 

ラスト10分間で再び訪れた逆転のチャンス

いつもよりバトルに注目してもらえるからか、ST-5クラスも随所で激しいバトルが繰り広げられた。
ST-4クラス勢の多くが最初のSCランでピットに入ったこともあり、最初はなんと総合3番手でトップが争われることに。
先頭を行くのは#88村上モータースMAZDAロードスターの村上博幸で、2番手は#456 odula AVANTECHロードスターの橋本陸。
そこから一歩離れた場所で#4 THE BRIDE FITの太田侑弥が続いていく。

橋本がトップに立ったのは13周目。そのまま逃げていくかと思われたものの、14周目に大田をかわしていた#50 LOVE DRIVEロードスターの山西康司が、続いて村上にも迫り、29周目には逆転。
その勢いのまま今度は橋本にも迫っていく。橋本のガードも固く、山西の逆転をなかなか許さなかったが、両者は40周目の最終コーナーで接触が。
橋本は大きく順位を落とし、その間に村上は再度トップに立つ。

その直後にSCが導入され、これを好機と#88村上モータースMAZDAロードスターは2周連続でピットイン。
ピットイン義務をこの間に済ませてしまう。
早めに最初のピットを済ませていた、#4 THE BRIDE FITも松尾充晃をわずか9周でピットに呼び戻し、伊藤裕士に交代。
この2台がトップ、そして2番手になった上に、後続との差も1周に広がり、完全に一騎討ちへと転じていく。
その時点で谷川達也が持っていたのは、25秒のリード。
しかし、濡れた路面にはFFの方が圧倒的に有利。
みるみるうちに差は詰まっていく。
58周目には伊藤が逆転してトップに浮上。

だが、逃げる最中の伊藤にコースアウトがあり、ロスを最小限にできたものの、66周目の最終コーナーで谷川に捕らえられてしまう。
とはいえ、再びそのまま逃げることは許されず、伊藤がじわりじわりと近づいてくる。
その頃また、#69 J’S RACING☆FITの窪田俊浩、#37 DXLワコーズNOPROデミオSKY-Dの井尻薫による3番手争いも激しく、大いに盛り上がりを見せたが、特性の違いもあって、なかなか逆転は果たせず。

 

そして残り10分を切って、トップ争いもまた動く。
83周目のレインボーコーナーで伊藤が谷川をかわして、再びトップに躍り出たのだ。
その後はなんとか逃げ切って、#4 THE BRIDE FITが今季初優勝を飾ることとなった。
3位もまた、#69 J’S RACING☆FITが逃げ切って獲得した。

 

[ST-5クラス優勝] #4 THE BRIDE FIT

 

 

太田侑弥
見守っている時の方がドキドキしましたね。
コンディションが絶えず変化していたので、自分が走っている時は、ずっと大変でした。
今回は伊藤さんのおかげです。

伊藤裕士
メガネが曇ってしまってね。
ずらして指で拭いていたら、馬の背で飛んでしまって!
見えへんから、気づいたら、馬の背が目の前にあって、うわ〜って(笑)。
見ている分には面白かったかもしれんけど、ひとりで暴れていたね。
耐久では初優勝です。
本当に良かった〜。

松尾充晃
前回、富士で表彰台に上がれなかったので、今回はなんとかと思って、みんなで頑張りました。
嬉しいです、ありがとうございました。

 

(はた☆なおゆき)

 

 

↑PageTop
● SUPER TAIKYU PARTNERS  ※五十音順