【速報版】《決勝レポート Gr.1》ピレリスーパー耐久シリーズ2020第2戦 グループ1 決勝レポート

【速報版】ピレリスーパー耐久シリーズ2020 第2戦 グループ1 決勝レポート
雨量が絶えず変化する、難しいコンディションの決勝レースで、
総合優勝をスポット参戦のPorsche Center Okazakiが激戦の末に獲得!

 

スポーツランドSUGOを舞台に、ピレリスーパー耐久シリーズの第2戦・グループ1決勝が、10月11日に3時間レースとして争われ、#16Porsche Centre Okazakiの永井宏明/上村優太組が総合優勝を獲得。ST-Zクラスでは#13 ENDLESS AMG GT4の内田雄大/山内英輝/高橋翼組が開幕2連勝を飾っている。

ST-TCRクラスでは#29 F・Link Home CIVIC TCRの植松忠雄/井出有治/川端伸太朗組が、ST-1クラスでは#28 ROOKIE RACING GR SUPRAの蒲生尚弥/豊田大輔/小倉康宏/河野駿佑組が、ST-2クラスでは#59 DAMD MOTUL ED WRX STIの大澤学/後藤比東至/石坂瑞基組がそしてST-3クラスでは#39エアーバスターWINMAX RC350 TWSの大島和也/冨林勇佑/石井尚宏組が、それぞれクラス優勝を飾っている。

(詳報はまたあらためて)

 

 

 

終日雨に見舞われ、しかも雨量を絶えず変化させる難しいコンディション…

日曜日のスポーツランドSUGOは終日雨に見舞われ、しかも雨量を絶えず変化させる難しいコンディションでグループ1の決勝レースが行われた。
土曜日に予選を行うことができず、そのため決勝グリッドは、前回の順位に基づき、クラスごとに決定することに。
そのため、ポールポジションからスタートを切ることとなったのは、#888 HIRIX GOOD DAY RACING AMG GT3の山脇大輔/高木真一/ショウン・トン組だった。

スタートが切られると、いきなり激しい攻防戦が繰り広げられ、中でも勢いの良かったのは、スポット参戦とあって5番手スタートだった、#16 Porsche Center Okazakiの上村だった。
前を行く車両を抜き去り続け、レインボーコーナーでは#888 HIRIX GOOD DAY RACING AMG GT3の高木にも迫ったものの、勢い余ってコースアウト! 上村はクラス最下位に後退してしまう。

トップを守った高木は、オープニングの1周だけで3秒以上のリードを築き、雨が強い間は逃げていく。
ところが、20周を過ぎたあたりから雨足は弱まり、徐々に後続も追いついてくる。
他のクラスでは勝負をかけて、タイヤを交換した車両もあったほど。
そこに迫ってきたのが、#777 D’station Vantage GT3の藤井誠暢だった。
勢いに乗る藤井は、最終コーナーで喫した高木のミスにも乗じ、39周目にはトップに浮上。

そして1時間10分を経過した43周目に、星野敏にバトンタッチ。
高木も山脇に交代したこともあって、代わってトップに立ったのは#9 MP RACING GT-Rの柴田優作。
影山正美への交代をスタートから1時間30分経過の54周目まで伸ばした後は、31周目に上村と代わっていた#16 Porsche Center Okazakiの永井がトップに躍り出る。
とはいえ、この時点でST-Xクラスは5台すべて射程圏内。
どう展開が動こうとも不思議ではないほどの、接近戦となっていた。

そんな中、永井に迫ってきたのが、#31 DENSO LEXUS RC F GT3の嵯峨宏紀。
コンマ差でのバトルを繰り広げるが、ストレートの速いポルシェを、なかなか抜ききれない。
その間に近づいてきたのが#9 MP RACING GT-Rの影山で、66周目の1コーナーで嵯峨を抜くと、哀愁コーナーでは永井さえもかわしていった。

 

68周目に永井はピットに戻って、再び上村がコースイン。
その周に影山は最終コーナーでバックマーカーに行く手を阻まれていたことで、嵯峨が逆転を果たすとともに、#31 DENSO LEXUS RC F GT3がついにトップに躍り出た。

 

しかし、#31 DENSO LEXUS RC F GT3が75周目に、そして#888 HIRIX GOOD DAY RACING AMG GT3が最後のピットに向かうと、再びトップに立っていたのが#16 Porsche Center Okazakiの上村だった。
ジェントルマンドライバーたちを、エキスパートドライバーである上村は、その後は一歩も寄せつけず。
難なく逃げ切って、スポット参戦ながら、永井と上村が嬉しい総合優勝を果たすこととなった。

2位は#888 HIRIX GOOD DAY RACING AMG GT3が獲得し、ポイントリーダーの座を死守することに。
そして、#31 DENSO LEXUS RC F GT3の猛攻を最後までしのいだ、#9 MP RACING GT-RのJOE SHINDOと柴田、影山、井上恵一が表彰台の一角を奪うこととなった。

 

[総合優勝・ST-Xクラス優勝] #16 Porsche Center Okazaki

 

 

永井宏明
ふたりで、それとチームでミスなく、最初だけ(上村が)やらかしましたが、それ以外は最高の週末、レースになりました。
難しいコンディションでしたが、思ったように走れて良かったです。
この後もスポットで、岡山にも出ます。
また全力で頑張ります!

上村優太
スタートは僕が行って、1周目にけっこう追い上げたんですけど、トップ出ようとしたら、レインボーでスピンしちゃって。
そこから巻き返して、優勝できたので良かったです。
永井選手がいい走りをしてくれたので、僕も最後は安心して走れました。
スーパー耐久の優勝はあるけど、ST-Xの優勝は初めてです。
雨量が絶えず変わるので、気が抜けなくて、今年いちばん緊張しましたね! 
メンタルのコントロールとか、1時間どうやって保たせようとか、ずっと考えていました。
なんとか守れて、良かったです。
ピレリタイヤとこのクルマ、このチームのパッケージは、去年ずっと海外に出ていたので不安はなかったです。

 

(はた☆なおゆき)

 

 

↑PageTop
● SUPER TAIKYU PARTNERS  ※五十音順