《速報版・決勝レポート》ピレリスーパー耐久シリーズ2020第3戦 グループ1決勝レポート

【速報版】ピレリスーパー耐久シリーズ2020 第3戦 グループ1決勝レポート
今季初の総合優勝をD’station Vantage GT3が飾る。
ST-1クラスは終盤の大逆転で、ROOKIE racing GR SUPRAが3連勝を達成!

 

岡山国際サーキットを舞台に、ピレリスーパー耐久シリーズの第3戦・グループ1決勝が、11月1日に3時間レースとして争われ、#777 D’station Vantage GT3の星野敏 / 藤井誠暢 / 近藤翼組が今季初の総合優勝を飾った。
また、ST-1クラスでは#28 ROOKIE Racing GR SUPRAの蒲生尚弥 / 豊田大輔 / 小倉康宏 / 河野駿佑組が土壇場の大逆転で、開幕3連勝を果たすこととなった。

ST-3クラスでは#39エアーバスターWINMAX RC350 TWSの大島和也 / 冨林勇佑 / 石井宏尚組が、そしてST-2クラスでは#59 DAMD MOTUL ED WRX STIの大澤学 / 後藤比東至 / 石坂瑞基組が2連勝。
ST-TCRクラスでは#22 WAIMARAWA KIZUNA RS3 LMSのキズナ / 千代勝正 / 安田裕信 / 大草りき組が、開幕戦以来となる2勝目をマークした。
ST-Zクラスでは#500 5ZIGEN AMG GT4の大塚隆一郎 / 青木孝行 / 下垣和也組が、初優勝を上げている。

 

 

序盤に激しいアクシデントが発生

天気にも恵まれ、素晴らしいバトルが期待されたグループ1の決勝レースだが、開始からわずか10分でアクシデントが発生した。
3番手を走行していた#888 HIRIX GOOD DAY RACING AMG GT3の高木真一が、6周目のヘアピンでクラッシュ。
ドライバーが大事に至らなかったのは、不幸中の幸いだったが、マシンは大破したことから、即座にセーフティカーが導入されることとなった。

その前にトップに立っていたのは、#16 Porsche 911 GT3Rの上村優太。
初めてポールポジションからスタートを担当した、#777 D’station Vantage GT3の星野敏をオープニングラップの1コーナーでかわし、上村は逃げて行く最中のアクシデントだった。
また、#31 DENSO LEXUS RC F GT3の嵯峨宏紀も、2周目には2番手に浮上していた。

星野はプラチナドライバーたちには抜かれたとはいえ、アクシデントの後、#31 DENSO LEXUS RC FがSCラン中に嵯峨から永井秀貴に交代していたこともあり、リスタート後は2番手を走行。
上村には引き離されてしまったが、しっかり2番手をキープし続けた。

そして#777D’station Vantage GT3は28周目に藤井に交代。
3番手でコースインした藤井は、いったん3番手に退くも、34周目の#16 Porsche 911 GT3Rの永井宏明への交代でひとつ順位を上げ、40周目には#31 DENSO LEXUS RC F GT3をかわしてトップに立つと、そのまま後続を引き離していった。

 

そして、実にほぼ1分のリードを築いて70周目に、#777 D’station Vantage GT3は近藤にバトンタッチ。
大量のリードに守られた近藤は、まったく危なげない走りで逃げ切りを果たし、2戦連続リタイアから一転、圧勝で今季初優勝を飾ることとなった。

2位は1戦ぶりの登場となった、#81 DAISHIN GT3 GT-Rの大八木信行 / 星野一樹 / 大八木龍一郎 / 藤波清斗組で、3位は#9 MP Racing GT-RのJOE SHINDO / 柴田優作 / 影山正美 / 井上恵一組が前回に続いて獲得することとなった。

 

 

優勝者コメント

[総合優勝・ST-Xクラス優勝] #777 D’station Vantage GT3

星野 敏
初めてポールからのスタートだったんですけど、プロには当然抜かれてしまったとはいえ、自分の仕事ができたので、それさえできれば優勝できる自信はあったので、達成できて良かったです。
今年初優勝なんで、本当に嬉しいです。

藤井 誠暢
今回はクルマの仕上がりも良くて、走り出しから調子良くて。
もう、チャンピオンがどうのこうのというより、少し目的を変えて。
いつもだったら自分がスタート行って、マージン作って代わるっていうのがセオリーだったんですけど、プロがいる中で星野さんがあえてやりたいということで新しいチャレンジをしたんです。
その中で星野さんがいいペースで50分走って、帰ってきてくれたので、僕らはクルマなりに走るだけでした。
星野さんが初めて総合のポールからのスタートで、ちゃんと仕事をしてくれたので、すごくいいレースになりました。

近藤 翼
本当に、良かったです。後半もペース落ちなかったですし、クルマは藤井選手からインフォーメイションもらって、こんな感じになるよっていうのを教えてもらっていたので、それもあっていいペースで走れていたのかな。
僕は無理しなくて良くて、けっこうマージンも作ってもらっていたので。
今シーズンはS耐、あまり調子良くなかったので、優勝できて良かったです。

 

詳報は、また改めて…

(はた☆なおゆき)

 

 

↑PageTop
● SUPER TAIKYU PARTNERS  ※五十音順