《決勝レポート》スーパー耐久シリーズ2021 Powered by Hankook第1戦 もてぎスーパー耐久 5Hours Race 決勝レポート

スーパー耐久シリーズ2021 Powered by Hankook第1戦 決勝レポート

昨年後半からの好調ぶりをそのまま維持!
D’station Vantage GT3が2年越しの連勝果たす

スーパー耐久シリーズ2021 Powered by Hankook第1戦の決勝レースが、ツインリンクもてぎで3月21日に開催された。当日は朝からあいにくの雨模様で、今年から採用されたハンコックのウェットタイヤをほとんどのチームが初めて装着して走ることもあって、急きょ15分間のウォームアップ走行が追加されることとなった。

 

終始、雨が降り続く状況の中でレースは行われ、途中で回復を待つべく2回のセーフティカーランが実施されたが、3時間25分を経過したところで赤旗が出されて中断に。しばらくストレート上で待機となったが、4時間経過したところで終了と発表された。
その結果、総合優勝を飾ったのは、#777 D’station Vantage GT3の星野敏 / 藤井誠暢 / 近藤翼組。また、最激戦区のST-Zクラスでは、ST-TCRクラスから移行した最初のレースで、#22 WAIMARAMA EBI Cayman GT4のKIZUNA / 千代勝正 / 山野直也 / 大草りき組が優勝している。

目まぐるしくトップが入れ替わったST-Xクラス


降りしきる雨によって、レースはセーフティカー(SC)スタートで開始されることとなり、3周の先導の後、グリーンシグナルが灯されることとなった。もちろん1コーナーへのホールショットを決めたのは、ポールシッターで#16 PC Okazaki 911 GT3Rを駆る永井宏明。これに#777 D’station Vantage GT3の星野が遅れることなく続き、まずはジェントルマンドライバー同士のトップ争いが繰り広げられる。

このバトルにまず加わったのが、#31 LEXUS RC F GT3の小高一斗。6周目に星野をかわしたものの、次の周にはやはり星野を抜いてきた、#81 DAISHIN GT3 GT-Rの青木孝行が迫ってくる。9周目には小高が永井宏明を抜いてトップに立つも、それも束の間、90度コーナーで青木にトップを奪われてしまう。

青木はそのまま逃げ続け、1時間20分ほど経過した41周目に、大八木信行と交代。2番手に浮上していた#290 Floral UEMATSUFG 720S GT3の川端伸太朗の4秒前で、トップのまま復帰するも、大八木のペースが今ひとつ。43周目からは川端がトップに立つ。その川端に、今度は#777 D’station Vantage GT3の近藤翼が迫ってくる。だが、接近を許したのはほんの一瞬で、やがて川端は徐々に近藤を引き離していく。

2時間が経過して間もなく、天候の回復を待つべく最初のSCランが実施される。これに真っ先に対応したのが#777 D’station Vantage GT3で、57周目の近藤から藤井への交代では、タイヤ無交換でロスを最小限に。次の周には#290 Floral UEMATSUFG 720S GT3もピットに入り、澤圭太と交代するが、ピットロード出口が生憎の赤信号。これで40秒以上あった差を失ったばかりか、逆転さえ許してしまう。

トップに立った藤井のペースも良く、リードは広がっていく一方。41秒差となった71周目、2時間44分経過したところで2回目のSCランが実施される。これが思いの外、長く続いてしまい、3時間25分目に赤旗が出されてしまう。一旦はストレート上で全車待機となったが、天候の回復は見込めたいことから4時間目に中止の発表が。レース時間の2 / 3を過ぎた、ということでフルポイントでの成立となった。

その結果、総合優勝を#777 D’station Vantage GT3が獲得し、2位は#290 Floral UEMATSUFG 720S GT3の植松忠雄 / 澤 / 川端 / 井出有治組。3位は#16 PC Okazaki 911 GT3Rの永井宏明 / 上村優太 / 中山雄一 / 大原佳祐組だった。

総合優勝(ST-Xクラストップ)#777 D’station Vantage GT3


星野敏

ドライよりウェットの方がクルマは決まっていて、走りやすかったんで、いいペースで走れたんですけど、雨はやっぱり視界が悪くなるので、それにちょっと戸惑いましたけどね。なんとか自分の時間は、無事に終わったので良かったです。ウォータースクリーンで看板が見えなくて、あと前のクルマのしぶきがすごくて、難しかったですね。今年は初戦から行けて、いい年になればいいな、と思っています。

藤井誠暢
ドライでは昨日の予選もポルシェやマクラーレンが速くて、ウェットでも速いかなと思っていたんですが、ウォームアップで走ってみたら、意外に僕らも速くて。ドライでハンコックに合わせていったクルマが、ウェットにすごく相性が良くて、めちゃくちゃ決まっていました。スタートから星野さんがいいペースで走ってくれたし、翼のペースも良かったし、自分の時もペースよく走れた上に、チームの戦略も良かったので、平均的に全体が良かったという感じでしたね。クルマはトラブルが出ないですし、チームも高いレベルで安定して仕事ができているので、すべてが煮詰まっている感じです。

近藤翼
実はちょっと僕の時、スタートでセルが回らなくて、だいぶロスしちゃったんですが、それを運も良くて挽回できて良かったです。タイヤはまったく問題なくて、僕から藤井さんの時には、無交換で行けました。

#22 WAIMARAMA EBI Cayman GT4が、クラス以降の初戦を制す


ST-Xクラスでレース序盤をリードしたのは、予選トップだった#47 D’station Vantage GT4の織戸学。これに続いたのが#22 WAIMARAMA EBI Cayman GT4の千代勝正で、予選こそ9番手だったものの、徐々に順位を上げて、11周目には2番手に躍り出る。

第2スティントは、それぞれ篠原拓朗、山野直也が担当。しばらくはそのポジションを保っていたが、ケイマンとハンコックのウェットタイヤが、予想以上にマッチしていたこともあり、やがて山野がトップに浮上し、そのまま逃げていく。

1回目のSCラン中に山野は一度ピットに戻っても、トップをキープ。一方、篠原はしぶとく2番手につけていたが、2回目のSCラン開始とほぼ同時に#47 D’station Vantage GT4は星野辰也への交代を行なったことが裏目に出て、大きく順位を落としてしまう。対して、#22 WAIMARAMA EBI Cayman GT4は大草りきへの交代を4分遅らせたことで、隊列も整っていたため再びトップを守ることに成功する。そして赤旗によってレースが終了。昨年の開幕戦、ST-TCRクラスで挙げて以来の優勝を、#22 WAIMARAMA EBI Cayman GT4が獲得した。

そして2位は、#500 5ZIGEN AMG GT4の大塚隆一郎 / 金石年弘 / ジェイク・パーソンズ / 太田格之進組。スタートを担当した金石が41周ものロングスティントに成功、次を受けた大塚も赤旗が出るまで走り続けて、1ピットにおさめたことが最大の要因となった。

3位は、#111 Access HIROSHIMA TOYOPET GR SUPRAの松田利之 / 古谷悠河 / 檜井保孝 / 平川亮組が獲得。予選は8番手だったが、特に平川の激走が光り、チームを始めての表彰台に導いていた。#47 D’station Vantage GT4は、悔やんでも悔やみきれない6位に甘んじた。

ST-Zクラス優勝 #22 WAIMARAMA EBI Cayman GT4


KIZUNA

僕は走らなかったんですけど、作戦がうまくいきました。ポルシェは難しいですけど、なんとか乗りこなせるように頑張ります。

千代勝正
正直こんな出来過ぎでいいのかな、って感じです。ポルシェはバランスが良くて、ウェットに強くて、ウェットタイヤもウォームアップで初めて履いたんですが、このぐらいの空気圧で、っていうのが完璧に当たって。僕がスタートして、直也さんが2番手まで行けたし、戦略的にもうまくいきました。後半、雨が強くなるだろうと、なるべく前半のうちにプッシュしようという作戦が良かったんでしょうね。

山野直也
雨が降ったりやんだり、強い時もあって、危険な思いもたくさんしたんですが、実際、僕も1回スピンしているんですよ。でも、たまたまコースに留まれたので、すぐ復帰できたし、速いペースを取り戻せたので、終わってみればこういう形で開幕から優勝できて、本当に嬉しいです。ライバルもたくさんいるクラスなので、次から厳しい戦いも予想されますけど、しっかりポイントを積み重ねて、チャンピオン目指して頑張ります。

大草りき
去年に引き続き、開幕戦で優勝できて、いい流れにできたのかなと思っています。おかげさまで気持ちよくSC走らせてもらいました(笑)。ふたりの走りもオンボードで見させてっもらって勉強になりましたので、次のSUGOでも勝てれば、と思っています。

ST-QクラスとST-TCRクラスは孤軍奮闘ながら、存在感をアピール


ST-Qクラスは#28 ORC ROOKIE Racing GR SUPRAの蒲生尚弥 / 豊田大輔 / 山下健太 / 小倉康宏組、そしてST-TCRクラスは#75 おとぎの国CIVIC TCRの芳賀邦行 / 蘇武喜和 / 霜野誠友 / 谷岡力組の、それぞれ孤軍奮闘だったが、見せるべきポイントは十分にあった。

特に28 ORC ROOKIE Racing GR SUPRAのスタート担当、蒲生はST-Zクラス勢を全車従えたほど。そして#75おとぎの国CIVIC TCRもまた、霜野がパワーに勝るST-Zクラス勢を追い回し、数台をかわしていたからだ。ともにノートラブルで完走果たし、得られたデータは大きかったに違いない。

ST-Qクラス優勝 #28 ORC ROOKIE Racing GR SUPRA

蒲生尚弥
みんなミスなく、最後まで走りきれました。赤旗で中断、そのまま終了は残念でしたが、いいレースができたと思います。

豊田大輔
雨が怖かったです、というのが最初に出てくる感想なんですけど、少しでもポジティブな要素を探して、頑張って走っていました。まだまだ自分のスキルとして、雨の中での走行時間が足りていないので、そこは今後に向けて練習していきたいと思っています。まだまだですが、1年前に比べれば自分の中で感度が、センサーとして上がってきているので、向上も感じています。

山下健太
僕は昨日まであんまり乗れなかったんですが、今日はいっぱい乗れたので、こんな感じかっていうのがわかりました。雨がすごく強い時に乗っていたので危なかったですけど、とりあえず完走できて良かったです。

小倉康宏
僕のスティントはずっとSCだったので、これからだというところで、ちょっと残念です、いい感じだったので。お楽しみは次にとっておきます。

ST-TCRクラス優勝 #75おとぎの国CIVIC TCR


芳賀邦行

出て行ってすぐSCだったので、あんなに一定速度で走ることって、あんまりないじゃないですか。逆にコースがよく見えて、いい勉強になりました。

霜野
無事に走りきれたので良かったです。僕がスタート担当して、最初はST-Zにくっついて走っていましたけど、2台ぐらいパスすることができました。彼らはFRで、駆動方式が違って、僕らはFFでタイヤがタレてくると、しんどい部分は多かったですね。ただ、ウェットで走ったことなかったし、いいデータ取りができたと思うので、しっかり次のレースに活かしていきたいと思っています。いろんなコンディションでたくさん走らせてもらったので、次のレースもしっかり頑張ります。

谷岡力
雨は怖かったけど、なんとか無事帰って来られて良かったです。僕は初めて今週乗ったんですが、なんとかチームに迷惑かけないようにと。うまくいって良かったです。

KTM X-BOW GTXがデビューウィンを達成!


ST-1クラスは、スタートから#2シンティアムアップルKTMの加藤寛規が逃げる格好となり、しかもST-Xクラス勢にも続いていたが、必ずしも「絶対的」ではなかった。#38 muta Racing GR SUPRAは、堤優威と阪口良平が常に有視界で周回を重ねていたからだ。

そして加藤の後を受けた、飯田太陽はトップをキープ。続いた高橋一穂こそ最初のSCラン中の交代がやや裏目に出た感もあり、いったんは逆転を許したものの、2回目のSCラン中に阪口はピットに入らざるを得ず、トップ返り咲きに成功。

#2シンティアムアップルKTMは、初陣を飾ることに成功、総合でも9位につけることとなった。

ST-1クラス優勝 #2シンティアムアップルKTM


飯田太陽

ドライに比べれば、車的にウェットは厳しかったけど、勝てて良かったです。これをスタートに、どんどん積み重ねていきたいと思います。

高橋一穂
レースはね、土砂降りでけっこう厳しかったです。雨にはけっこう弱い車だし、人間的にも雨に弱いので(苦笑)。途中で終わって良かった。

加藤寛規
難しいレースでしたけど、本当に予選も今回、高橋さんも飯田さんも頑張ってくれてポールだったし、レースもしっかり走りきってくれたので、ミスなく。なので勝つことができて、結果以上に今回は内容が良かったと思います、ふたりに関して。

KTMS GR YARISの若手トリオがST-2クラスを制す!


ST-2クラスで予選トップだった、#32 ORC ROOKIE Racing GR YARISに、なんとエンジン不調が発覚。交換を余儀なくされたため、決勝はピットスタートとなってしまう。これで一気に有利になったかと思われた、#6新菱オート☆NEO GLOBE☆DXL☆EVO10は、序盤を菊池靖がリードするも、やがてオーバーヒートでペースを上げられなくなる。

一方、ピットスタートだろうと、いずれはトップに立つだろうというのが大方の予想だった、#32 ORC ROOKIE Racing GR YARISにも序盤はエンジンが水を吸って吹けなくなり、終盤にはABSが不調を訴え、今回は完走を果たすのみのレースに。

となれば、こういう時に絶対のしぶとさを見せるはずの、#59 DAMD MOTUL ED WRX STIながら、燃料ポンプのトラブルに見舞われたばかりか、複数回のピットロード速度超過による、20秒のペナルティストップを課せらされては手も足も出ず。

前代未聞のサバイバルゲームを制したのは、今回がST-2クラスデビュー戦となる#225 KTMS GR YARISの野中誠太 / 平良響 / 翁長美希組だった。途中ドライバー交代と合わせ、マシンがピットガレージに導かれてヒヤリとさせるも大事には至らず。期待の若手トリオにとっては、幸先のいいシーズンインとなった。

ST-2クラス優勝 #225 KTMS GR YARIS


野中誠太

四駆でレースは初めてで、走り方や考え方も変えなきゃいけなかったし、雨のレースも初めてで分からないことも多かったんですけど、こういう形で終えられて良かったです。初優勝になります、四輪に上がってから(笑)。今年最初のレースを優勝で始められたので、この勢いで頑張ります。24時間レースの優勝が最大の目標なんですが、次のSUGOも行きます!

平良響
実はレース中、エンジンが不調になっちゃって、ちょっと休憩がてらピットに入って(笑)、直してもらいました。ウェットタイヤが全然保たない可能性もあったので、そこは心配だったんですが、めっちゃタイヤ温存しながら走って、結果タイヤが残って、最後まで走れて良かったです。

翁長美希
非常にいい結果で、とても満足しています。私が入った瞬間にSCが出ちゃったので、けっこう高いスピード域での走行ができなかったので、ある程度のタイヤのグリップやブレーキのフィーリングを得たぐらいで、そこまでしかできなかったんですが、最後まで走りきることができて、チームとして良かったと思っています。今年はS耐とKYOJO、JAF-F4で頑張ります。

ST-3クラスはMAX Racingが初優勝! Zの復権か?


ST-3クラスの序盤をリードしたのは、#52埼玉トヨペットGBクラウンRSの吉田広樹。しかし、#39エアバスターWinmax RC350 TWSの大島和也も遅れを取らずに続き、10周目には逆転に成功。抜かれた後の吉田は、2周後には#244 QUEEN EYES 34Zの三宅淳詞にもかわされてしまう。それでも吉田は15周目に2番手に返り咲くが、今度は大島を追いきれず。

第2スティントは#39エアバスターWinmax RC350 TWSの冨林勇佑と、#52埼玉トヨペットGBクラウンRSの川合孝汰の対決に。素早いピットで川合が前に出ていたが、やはり冨林はしっかり食らいついていく。60周目にはST-Xクラスの車両を利用して、冨林が「技あり!」の逆転を果たしていたのだが…。

それより前の54周目、トップ2台にはやや遅れを取っていた#244 QUEEN EYES 34Zが、田中徹から田中哲也への交代を行なっていた。これが思いがけず、幸運を招き寄せることに。

そしてトップを争う2台は、2回目のSCラン中となる68周目、同時にピットイン。ピットを離れたタイミングもほぼ同時だったが、無情にもその先のピットロード出口にはレッドシグナルが…。SCが率いる隊列がストレートを駆け抜けていったからだ。

これにより、労せずして#244 QUEEN EYES 34Zがトップに浮上。フェアレディZが久々の、そして田中哲也率いるMAX Racingにとって、初めての優勝を飾ることとなった。

ST-3クラス優勝 #244 QUEEN EYES 34Z


田中徹

優勝は前が覚えていないですけど、久々です。怖かったですよ、なんで止めないのかな、ずっと思っていました。この調子で今シーズンは頑張ります。

田中哲也
MAX Racingとして初優勝なんですよ。オーナーは優勝したことあるんですけど、スーパー耐久やGTでは初めての優勝なので、嬉しいですね。チームがいい判断してくれて、もちろんドライバーも頑張って走ってくれましたが、チームも本当に頑張ったし、展開も良かったし、逆に2年前ここでぶっちぎっていて、ミッションが壊れてリタイアしているので、たまにはこういう勝ち方もいいかなと思っています。

三宅淳詞
僕、接触もしていて一回、順位も落としているんですけど、クルマが本当に調子良くて、タイヤもバッチリだったので、また追い上げることができたのは、チームのおかげかなという気持ちが大きいですね、チーム力というか。来週はSFLとGTのテストもあるので、いいように行けたらいいな、と思っています。

ST-4クラスは、林テレンプSHADE RACING 86の作戦勝ち!


ST-4クラスは、トップを争う2台に明らかな戦略の違いがあった。#884林テレンプSHADE RACING 86はSCスタートによるレース開始から、わずか2周で国本雄資から石川京侍への交代を行なったのに対し、予選トップの#310 GR Garage水戸インターGR86は、正攻法を選んでいたからだ。序盤は坪井翔が飛ばしに飛ばしていたから、見た目上では大差がついていた。

1時間38分経過した39周目、#310 GR Garage水戸インターGR86は細川慎弥と交代、その間に石川がトップに立つも、43周目に国本に再び代わると、#884林テレンプSHADE RACING 86は2番手に。

その後、#310 GR Garage水戸インターGR86はSCランのたび、ドライバー交代を行なっていたが、#884林テレンプSHADE RACING 86は、そのまま国本が走り続けていた結果…。本来、義務づけられたドライバー交代を伴うピットストップは3回ながら、赤旗で中断された場合は免除となる。これを巧みに利用できた#884林テレンプSHADE RACING 86が逆転勝利。#310 GR Garage水戸インターGR86は、速さで勝りながら無念の2位となった。

ST-4クラス優勝 #884林テレンプSHADE RACING 86


国本雄資

ピット戦術がうまくいきました。タイヤはグリップもけっこうあって、かなり強い雨だったんですが、問題なく走れましたし、グリップはありました。落ちもなかったし、ウェットに関してはパフォーマンス高かったです。今年は1戦目から勝てましたので、この調子でいきたいと思います。

石川京侍
ちょっと木曜日からトラブル続きで、チームの人が一生懸命直してくれて、予選でも国本さんの時にトラブル出ちゃって、タイム出なかったんですけど、なんとかクルマ直って。決勝は運が良く、作戦勝ちもありましたけど、ペースも良かったので勝てて良かったと思います。

最後まで速さを維持したodula TONE MOTULロードスターがST-5クラスを制す


予選ではロードスター勢が上位を占めていたST-5クラスながら、FRということもあって雨が降れば、戦況にも変化が生じるものと思われた。だが、いざ蓋を開けてみれば、速さに衰えなし。予選順位のまま、#456 odula Star5 Roadsterの大崎達也、#66 odula TONE MOTULロードスターの太田達也、そして#72 TiRacing☆NATS☆ロードスターの金井亮忠の順で逃げていく。

しかし、序盤早々に#72 TiRacing☆NATS☆ロードスターはミッションの不調を訴え、順位を落とすも、トップ2台は引き続き争いながら、後続を引き離す。そんな中、23周目に太田が大崎をかわしてトップに浮上。第2スティントも#66 odula TONE MOTULロードスターは太田が続けてドライブし、リードを広げていったばかりか、最初のSCランで太田から武地孝幸に交代、たった1周で大野尊久に代わるという大ギャンブルをかける。

これに対して#456 odula Star5 Roadsterは、真っ向勝負に討って出た上に、エース橋本陸を温存していたのが裏目に出て、最終的には5位に甘んじてしまう。大ギャンブルが大成功、#66 odula TONE MOTULロードスターが優勝を飾ることとなった。

2位は#103 ヒロマツ マツダ2の佐々木孝太 / 吉田綜一郎 / 妹尾智充組が獲得、FF勢として意地を見せることとなった。

ST-5クラス優勝 #66 odula TONE MOTULロードスター


武地孝幸

メカニックがいいクルマにしてくれて、ハンコックのウェットタイヤともバッチリで、乗りやすかったです。開幕戦勝てたので、シリーズチャンピオン目指して、このメンバーでやっていきます。

太田達也
クルマはすごく調子良かったし、この展開なので、どの作戦がハマるかなんて、誰もたぶん分からないし、ウェットタイヤのライフも分からない中で、素晴らしい作戦を採ってもらったので、なんとかなんとか(笑)。あとは自分の仕事をするだけでした。予選でも最速タイムが出せたので、今はいい気分です!

大野尊久
優勝請負人として、いい仕事ができました、新しいチームに加わって、いきなり。僕、けっこう運がいいんで、けっこう行ったチーム、行ったチーム、こうやって結果が残せるんでね。今年はチャンピオン目指します。太田達也がすごくいいドライバーだし、いい仕事してくれて、まるで太田劇場でしたね。

 

(はた☆なおゆき)

↑PageTop
● SUPER TAIKYU PARTNERS  ※五十音順