《速報・決勝レポート》スーパー耐久シリーズ2021 Powered by Hankook 第3戦 NAPAC 富士SUPER TEC 24時間レース

スーパー耐久シリーズ2021 Powered by Hankook第3戦 決勝速報

悪4回目の富士24時間で、DAISHIN GT3 GT-Rが総合優勝飾る
大八木信行と青木孝行の勝利は「十勝24時間」以来、20年ぶり!

今年で4回目の開催となる「NAPAC富士SUPER TEC 24時間レース」が、スーパー耐久シリーズ2021 Powered by Hankookの第3戦として、富士スピードウェイで5月22〜23日に決勝レースが行われた。金曜日は雨に見舞われて予選は中止になって、決勝も土曜日のうちは不穏な天候ではあったが、日曜日になるとスッキリ晴れて、爽やかなエンディングにもなっていた。
総合優勝を飾ったのは、#81 DAISHIN GT3 GT-Rの大八木信行 / 青木孝行 / 藤波清斗 / 坂口夏月組。他のST-Xクラス勢にトラブルが相次いだこともあり、総合2位に35周もの差をつける圧勝に。その総合2位は、ST-1クラスの#2シンティアム アップルKTMをドライブする、飯田太陽 / 加藤寛規 / 小林崇志 / 吉本大樹 / 高橋一穂組だった。

 

決勝はさながらサバイバル戦の様相を呈することに

金曜日に行われるはずだった予選は、悪天候のため中止となって、第2戦までのランキング順で決められることとなった。その結果、ポールポジションを獲得したのは、#777 D’station Vantage GT3の星野敏 / 藤井誠暢 / 近藤翼組。しかし、第1戦の優勝と前回の2位によってウエイトハンディは50kgにも達しており、苦戦を覚悟の上での戦いとなっていた。

曇り空の下、行われた決勝で藤井は好スタートを切ったものの、なかなか後続を振り切れず。わずか9周で#9 MP Racing GT-Rの助っ人ドライバー、松田次生の逆転を許したばかりか、走路外からの追い越しのペナルティとしてドライビングスルーが命じられ、早々に順位を落としてしまう。

今回は全体的にFCY(フルコースイエロー)の多いレースだったが、序盤のFCYにまるでタイミングを合わせたかのように直前に、二度もピットに入ってロスを最小限としたことで、一躍トップに立ったのが、#290 Floral UEMATSU FG 720S GT3の植松忠雄 / 澤圭太 / 川端伸太朗 / 井出有治 / 川原悠生組。二度目のFCY実施理由は、星野が100Rでバックマーカーをかわそうとした際に、デブリに乗ってコントロールを失ったため。このロスによって、#777 D’station Vantage GT3は早々に勝負権を失ってしまう。

しかし、快調にトップをひた走っていたはずの、#290 Floral UEMATSU FG 720S GT3にも、過去には生じなかった電気系トラブルが発生。走行中のシャットダウンに見舞われ、万事休す。その他にもST-Xクラスでは序盤のうちにトラブルが多発し、気がつけば無傷のままにいるのは、#81 DAISHIN GT3 GT-Rだけに。ライバルが次々と脱落していく中、一台のみ危なげない走りを見せて圧勝に。最終的にST-Xクラスだけなら2位に42周もの差をつけていた。

そんな中、15時間を経過したあたりから総合2番手を走行したのは、ST-1クラスの#2シンティアム アップルKTMを駆る、飯田太陽 / 加藤寛規 / 小林崇志 / 吉本大樹 / 高橋一穂組だった。こちらもクラスでは、大差をつけての今季2勝目としていた。

総合3位はST-Zクラスで#3 ENDLESS AMG GT4を駆る、内田優大 / 山内英輝 / 菅波冬悟 / 小河諒組が獲得。ここまでの2戦は苦戦を強いられていたものの、それが幸いしてウエイトに苦しまずに済む強みを武器に、やはり中盤以降は他を寄せつけず。富士24時間の3連覇という偉業さえ達成した。

ST-3クラスでは、#62 HELM MOTORSPORTS RC350の平木湧也 / 平木玲次 / 高橋知己 / 松澤亮佑組が、ライバルに相次いだアクシデントを尻目に、序盤のうちに築いたリードを最後まで保って今季初優勝。

ST-2クラスでは、#225 KTMS GR YARISの野中誠太 / 平良響 / 翁長実希 / 一條拳吾組が逃げる展開だったものの、早朝に発生した火災によって開幕3連勝をならず。#7新菱オート☆VARIS☆DXL☆EVO10の藤井芳樹 / 成澤正人 / 安斎景介 / 今井慎吾 / 渋谷彰良組が、代わってトップに立つと、そのまま逃げ切ってやはり今季初優勝を飾ることに。

そしてST-4クラスも、生き残り合戦となっていた。#18 Weds Sport 86の浅野武夫 / 藤原大暉 / 芝叔和 / 普勝峻 / 中島佑弥組もまた、3台での争いの末に今季初優勝。
久々に一騎討ちとなったST-TCRクラスでは、#97 Racer Hondaカーズ桶川CIVICの遠藤光博 / 中野信治 / 小出峻 / 澤龍之介 / 原田健太組の優勝に。
ST-5クラスは#456 odule Star5 Roadsterの橋本陸 / 貫戸幸星 / 大崎達也 / 小原康二 / 勝木崇文 / 加賀美綾佑組が、最終ラップまで続いた僚友、#66 odula TONE MOTULロードスターの武地孝幸 / 太田達也 / 大野尊久 / 猪股京介 / 外園秋一郎 / HIROBON組との死闘を制して、2連勝を飾っていた。

総合優勝(ST-Xクラストップ)#81 DAISHIN GT3 GT-R

大八木信行
いや〜、もう最高で、最後に十勝24時間で勝ってからもう20年ぶり。本当にGT-Rで勝てたんで、すごく嬉しい。コンビも青木と、その時も勝って、今も勝って、このメンバーで勝ててすごく幸せだなと思います。まだまだ勝ちますよ、ジェントルマンをみんなが引っ張ってくれているからね!

青木孝行
序盤から僕らももトラブル出ていたんですけど、なんかそこをうまく対処できて、勝つことができました。スーパー耐久で、十勝24時間で大八木さんと組んで勝ったのが20年前で。本当に久しぶり! きつかったですけど、良かったです。

藤波清斗
今回は(24時間レースを走るのが)7時間で済んだので、前は(走行したのが)9時間とか10時間でしたから楽でした。でも本当にこうやって富士24時間では4戦中、3戦勝たせてもらって、去年はちょっと獲れなかった分、今年は賭ける思いが強かったので、本当に獲れて良かったです。得意の富士の耐久でしたし、これからもまた頑張ります!

坂口夏月
本当に嬉しいです、その一言に尽きます。自分の必要最低限の仕事はできたので、チームに迷惑かけずにレギュラーの皆さんをサポートできたので、良かったです。

(はた☆なおゆき)

↑PageTop
● SUPER TAIKYU PARTNERS  ※五十音順